1990年久喜市で行われた「第九演奏会」を契機に翌年誕生した混声合唱団です。
当時久喜近辺では女声合唱が盛んで、混声が歌える合唱団の誕生が渇望されてお
りました。
「’90久喜第九」を歌った有志を募り夢を語り合って、「気軽に・楽しく・格調高く」をモットーとして’91年4月ついに混声合唱団として産声をあげる事が出来ました。

最初に歌った曲は「まりと殿様」「村まつり」などの童謡でしたが、それでも数ヶ月かかった事が懐かしく思い起こされます。
混声四部の分厚いハーモニーは、それまで久喜近辺では聴く事の出来ないとても新鮮なものでした、数少ない混声合唱なので希少価値を買われたのでしょうか、久喜市外からも「お座敷」がかかるようになり、だんだんとメンバーも増えてゆきました。

久喜混声合唱団へようこそ!


TOPICS

2018年4月29日

「鴻巣フィルよりオファーがありました」

 

鴻巣フィルさんは近隣の合唱団に共演の呼びかけをしており、その一つに我が久喜混声合唱団も是非との要請を受けました。

演奏曲はこれから検討されるのですが、有名なクラシック曲、有名な邦人作曲家の合唱組曲などです。

来年から具体化していくようですが、参加が楽しみです。